トクホ青汁の美味しい飲み方

別の記事でも紹介していますが、トクホ青汁は確かに栄養価に非常に優れた青汁ですが、飲み辛いのが唯一の欠点です。

粒(サプリ)青汁おすすめ比較ランキングのようなサプリメントタイプの青汁でしたら、飲みやすさについて気にする必要は一切ありませんが、飲むタイプの青汁の場合は飲み方について多少なりとも知識がないと、なかなか継続して飲むこと自体難しいように思える程苦味が強いんです・・・

 

トクホ青汁最安値の『緑のおいしい青汁』でしたら、1ヶ月分でも3000円以下と比較的安い値段で青汁のある健康生活を開始出来ますが、決して安くはない金額ですので、後悔しない為にも飲み方について覚えてこの記事を閉じてください?

 

トクホ青汁の美味しく・苦痛のない飲み方

ミルクと一緒に割って飲む

青汁マニアの方々の定番の青汁の飲み方ですが、トクホ青汁を飲む場合でもミルクと一緒に飲んで頂くことは非常に有効です。

ミルクの深い味わいの中には、中和してくれる働きもありますので、トクホ青汁のような少々苦味が特徴的な青汁の臭み・苦味を上手に吸収・中和してくれるでしょう。

 

また、牛乳自体も栄養価が高く、女性に多い便秘症状を解消したいと思い、トクホ青汁の利用を考えているなら是非試してほしい飲み方です。

腸内環境が乱れがちの方に牛乳はとっても相性が良いことは既に実証されています。

 

ちなみに常温状態のミルクで飲むよりは、冷たい牛乳と割って頂いたほうが幾分飲みやすいでしょう。

ミルク以外にも言えることですが、冷たい飲み物と一緒に割る際には普段以上に多く粉末青汁を溶かしてもらうことになりますので、この点さえ気を付けて頂くことで美味しくゴクゴク飲めるトクホ青汁の出来上がりです?

 

バニラアイス+牛乳+青汁をミキサーにかける

少し面倒に感じる方には不向きな飲み方ですが、より一層美味しくトクホ青汁を生活の一部として取り入れるなら、ミキサーで混ぜて飲むこともおすすめしたいです。

いわゆる『スムージータイプ』の青汁といったイメージを抱いてもらえば、分かりやすいかと思います?

 

 

あまり多くの飲み方を紹介しても正直迷ってしまうだけだと思いましたので、厳選して2種類の飲み方をご紹介しました。

是非あなたの青汁生活に取り入れてみてください。

お試し青汁は本当に健康維持に役立つの?

普通はトクホ青汁みたいに1ヶ月分として販売してる青汁が大多数ですが、一部の青汁の販売店では、1週間分〜2週間分程度の少量パックとしてお試し利用ができる青汁を販売してるようです。

私は実際にお試し青汁を利用した経験がありませんので、一概には言えませんが、やっぱり健康維持を目的とするなら、お試し青汁よりもキチンと1ヶ月分がぎっしり詰まった青汁を買うべき。

 

ですが、とある利用を想定した場合でしたら、お試し青汁も充分使える青汁。

そんなお試し青汁のメリット・デメリットについて簡単に紹介しますね?

 

お試し青汁のメリット・デメリット・評判

気になるメリット

びっくりするくらい値段が安い

やはり値段が安いのが最大のメリットですね!

1番値段が安いトクホ青汁の『緑のおいしい青汁』でも1ヶ月分/2,980円ですが、お試し青汁の中には、1週間で500円といった格安の値段で販売してる青汁も確認できました?

安い!お試し青汁の全て

 

ですが、あくまで『お試し利用を前提』として販売中の青汁なので、2回目からの購入には通常料金が適応される場合が大半です。

 

ライトな味わいの青汁が多い

また、お試し青汁として販売してる以上、初めて青汁を購入する方をターゲットとして販売しているようです。

そのため、ある程度ライトで優しい青汁らしからぬ味わいが特徴の青汁が多くを占めています。

 

気になるデメリット

これだけで効果は感じれない場合が多い

この点は非常に重要ですが、仮に1週間分のお試し青汁を毎日勢力的に飲んだからといって身体に劇的な変化は期待しないほうが良いです。

というかおそらく変化はないでしょう。

 

その理由は至極簡単なのですが、仮にあなたが一週間野菜を食べまくった所でお肌・身体がキレイになると思いますか?

青汁は野菜栄養成分をぎゅーっと濃縮した商品ですから、医薬品とは全く違います。

あくまで、『継続して青汁を飲めるのか?』といった点で利用を開始するのが正しいお試し青汁の使い方と考えるべきです。

 

 

まとめ

お試し青汁はあくまでお試し青汁。

正しい効果を求める場合は、トクホ青汁が最適なんですよ?

 

※こちらのサイトを参考にしました→青汁のミカタ/おすすめ効果比較ランキング

1番値段が安いトクホ青汁『緑のおいしい青汁』の値段を比較

特定保健用食品の青汁は、健康効果が保証と安心感が一味も二味も違う健康補助食品。

そんな青汁ですから、当然業界内でも人気が高いのも納得ですよね♪

 

そして、そんな特定保健用食品青汁内でも、1番値段の安い青汁として人気なのが『緑の青汁』です。

ちなみに公式サイトの値段は、1ヶ月で2,980円ですが、健康食品あるあるとしては、Amazonや楽天市場の値段も気になる所。

 

特に公式サイト限定の特別プランやプレゼントがない以上、1番値段の安い場所で買おうと考えるのは当然かと思います。

では、この公式サイトの価格『2,980円』という価格を踏まえながら、どこが1番安く買えるのかご紹介しましょう。

 

『緑のおいしい青汁』とAmazon

  • 販売していませんでした。

 

『緑のおいしい青汁』と楽天

  • 販売していませんでした。

 

なんと!!!

通常でしたら、公式サイトを経由する以外に、Amazonや楽天で買える青汁が大半の中、緑のおいしい青汁に関しては、公式サイト限定の販売として売り出しているようです。

 

3種類の特別プラン

緑のおいしい青汁は、普通でしたら、1ヶ月分の内容量として販売してる通常プラン以外に利用出来ませんが、緑のおいしい青汁は、1ヶ月分と3箱セット&6箱セットの3種類の料金パターンからあなたの利用に合わせて自由に選択可能です?

1箱プラン 3箱セット 6箱セット
内容量 30包 90包 180包
値段 2,980円 8,493円 16,092円
割引 5%OFF 10%OFF

3箱セットなら、通常価格より5%安く買え、一度に6箱同時に注文した場合でしたら10%OFFでトクホ青汁の緑のおいしい青汁が購入可能です♪

もちろん全ての料金プランで送料無料で利用可能ですので、Amazonや楽天さんみたいに手軽に買える点も嬉しいポイントの一つですよね!

 

しかしながら、緑のおいしい青汁は、ケールを主原料として販売してる『わりと苦味の強い青汁』ですから、一度にまとめて購入するのはちょっと慎重に考えたほうが賢明の可能性があります。

 

ですから、1番始めのご利用でしたら、まずは1ヶ月分を注文した上で緑のおいしい青汁の味・飲みやすさを考慮しながら、3箱セット&6箱セットの利用を考えるのが1番賢い方法なのではないでしょうか?

 

飲みやすさを意識するなら、フルーツ青汁を買うべきですが、やっぱりトクホ青汁は安心感が既存青汁と一線を得ていますね。

子供の野菜嫌いに特定保健用青汁はあり?

近年の食文化の変化に伴い、野菜嫌いの子供が私の時代と比較してとっても多いように感じます。

知人の子供も、ほぼ全ての野菜を受け付けないみたいですし、野菜嫌いの子供への野菜不足解消方法って子供をお持ちの親御さんでしたら、ほぼ全ての方の共通の悩みなのではないでしょうか?

 

そんな親御さんから特定保健用食品の青汁を子供用青汁として使うのかありなのか?といった質問が多数寄せられていましたが、結論からはっきり申し上げると、トクホ青汁は子供用としては全くおすすめ出来ません。

その理由についていくつかPICK UPして紹介します

 

■飲みやすい青汁をお探しなら・・・→子供青汁ランキングを確認■

 

トクホ青汁は子供青汁としておすすめ出来ない理由

栄養価は高いが、苦味が強い

確かにあなたも知っての通り、特定保険用食品指定の青汁ですから、非常に高く高品質な栄養成分が自慢です。

数百種類の青汁が販売されている中、特定保険食品として販売を許されている青汁はわずか数種類であることを踏まえて考えると、いかにトクホが素晴らしいのか分かって頂けるかと思います。

 

ですが、確かに栄養成分は明らかに他と違う青汁なのですが、その分苦味成分も強く、『緑のおいしい青汁』に至っては、苦味が強くまずいと別の意味で評判の高いケールを主原料として製造していますので、恥ずかしながら私は緑のおいしい青汁を飲んだことがありませんが、ケールが主原料な点を踏まえると、正直大人でも定期的に飲むのは難しいのではないでしょうか?

 

大人でも飲むのが難しい青汁を子供青汁として購入しても、野菜嫌いの子供が進んで飲むとは到底思えませんよね?

 

子供には飲み辛い飲む青汁

また、苦さもそうですが、飲むタイプの青汁は子供には少々厳しいようで、最近ではゼリータイプの青汁が子供用青汁として徐々に人気が高まっています?

ぷるぷるした食感が特徴のゼリータイプの青汁だからこそ,子供が気が付かず青汁をパクパク食べてくれる場合だって充分に考えられますよね〜♪

特定保健用食品(トクホ)青汁健康維持を意識したランキング

栄養価の高い植物・野菜を厳選して日本が世界に誇る健康飲料水の『青汁』

そんな子供でも知っている知名度の高い青汁ですが、実は特定保健用食品の認定を受けている青汁は数える程しかないことをご存知でしょうか?

  • 認定には1年間以上の時間がかかる
  • その分費用がかかる
  • 美容成分も合わせて配合してるから特定保健用食品の認定基準を満たしていない。

等、業者によって様々な理由があるかと思いますが、実際に特定保健用食品として販売中の青汁は、200種類以上販売してる青汁の中でも、『たった数種類しか販売していません』

 

そんな非常にレアな特定保健用食品を、評判・人気が高い順番にランキング形式で解説しましたので、是非参考にしてもらって、あなたの健康維持にお役立てください。

 

特定保健用青汁ランキング

大正製薬 ヘルスマネージ大麦若葉青汁 キトサン

詳細
単品 3,420円
定期(初回) 1,000円
定期(2回目以降) 3,500円
定期(縛り) いつでも利用中止可能

1番人気の高い特定保健用食品の指定中の青汁は、大正製薬から販売中の大麦若葉青汁 キトサンです?

この青汁は、年齢と共に自然と上昇傾向にある悪玉コレステロール値を下げる効果が保証の青汁として40代以降の男女に抜群の人気があります。

 

青汁業界内では、比較的値段の安い青汁としても人気が高いようで、初めての青汁利用に最適ですよね?

 

 

大正製薬 ヘルスマネージ大麦若葉青汁 難消化性デキストリン

詳細
単品  3,420円
定期(初回) 1,000円
定期(2回目以降) 3,500円
定期(縛り) いつでも利用中止可能

次におすすめしたい特定保健用商品青汁は、食事後の急激な血糖値の上昇を抑えてくれる難消化性デキストリンが配合した特定保健用食品青汁です?

大正製薬から販売してることも人気の秘密で、食後の1時間前くらいに飲むと血糖値を抑えることが可能となります。

 

緑がおいしい青汁

詳細
単品
定期(初回) 2,980円
定期(2回目以降)
定期(縛り) いつでも利用中止可能

特定保健用食品青汁内で、1番毎月の費用が安い青汁ですので、本当は1位として紹介したいのですが、この青汁のメイン成分は、『苦味が圧倒的に強く栄養成分がたっぷり入ったケール』をベースに製造しています。

ですから、他製品と比較すると飲み辛い青汁としても有名ですので、青汁を初めて飲もうと特定保健用青汁の利用を検討している場合でしたら、少々注意したほうが良い青汁かも知れません。

青汁 効果で比較した場合でも、ケール配合のトクホ青汁は魅力的ですが,数ヶ月は毎日飲むことを前提に比較するなら、少しマニア受けのする青汁といった印象です。